So-net無料ブログ作成
検索選択
思い出 ブログトップ

ブログを続ける理由・・・・・・ [思い出]

・・・・・・なんぞ わざわざ書かんといかんのか?

そこに意味があったりなかったり

別にどうでもいいことやけど

俺には理由がある

いずれ訪れるじいさんになった時、

まだ釣りができるよう ほぼほぼ元気であれば

もっとその先の話になるけど

ボケて自分が誰なのかわからんようになったり

それとも寝たきりになってしまった時に

このブログを見て動けてた自分を鮮明に思い出したい、

俺はこんなことしてたんかとほくそ笑みたい

それだけ

たったそれだけっすわ


たったそれだけな はずやったのに・・・・・・・

もう一つあった

十年ちょっとまえ、オヤジが60か61で死んだ

一年チョイ前から余命を聞かされてたので

そん時は、歴史の必然と思うくらいで、しかたないこと・・・

としか捉えれなかった。

が・・・・・・・

日が経つにつれ真綿で首を絞められるかのごとく

オヤジは人生楽しめれたのか?

俺や家族の為だけに人生をささげたんじゃないか

と思うようになった。

思えば俺は生まれ落ちた日から親不孝だったんじゃないのか

超病弱でなんども医者に死にますって言われたらしい

そのたびに悲痛な思いをさせた。

そのおかげで幼稚園も一年保育

しかも三分の一は休んだ

小学校入る頃にはすっかり良くなり

今度は悪さばっかり

中学の頃はガリンガリンだったので

よく女の子に骸骨ってバカにされましたわ

陰湿なイジメもあったしね

そんな中学の時にロックに目覚め

ギターを始めた

高校の頃にはバンド組んで

ライブもどきのことをやってましわ

ひととおりの悪さもし(ここでは言えませんわ)

卒業するころには頭は金髪

20過ぎてオレンジや真っ赤に染めた(笑)

オヤジにはよくぶん殴られて顔面腫らして学校

行ってたけど卒業するころには何も言わんようになった

理由はおとなやから自己責任でなんでもしろ

っていうことやったと思う

25までそんなことやってた

親不孝も極限やね

俺はその裏で悩みに悩んでたはず

同い年の仲間はどんどん就職しそれぞれの

道を歩き始めたのに

それがようせんかった

あげく心がパンクし

精神的な厄介な病気になってしまう・・・

しかし怒らんかったなぁ

あんなけどつかれたのに

18過ぎてまったく・・・・・・・

それから一念発起し死ぬ思いで脱出

ようやく社会人になったのは26の時、

内気で人としゃべるのが超苦手やのに

自分が一番嫌で、やりたくない仕事

対面営業を選んだった。

何かを変えたかった。

自分が変わるとあたりまえやけど周りが変わったわ

変わると言うのは、自分の周りの見え方っすわ

それから数年我慢し頑張り、ようやくいっちょ前に結婚できた。

さぁこれからと言うときに

オヤジが病気とわかり余命がどうのこうのって。

なんとか上のお姉ちゃんが生まれ、念願だった孫を

抱っこして死んだ。

根性で余命1年延ばしよった。

親不孝のままやったやんか・・・・

と当時35過ぎのオッサンが毎日一人風呂で泣いた。

苦しかったっすわ

しかし日が経つにつれ子どもたちの成長と共に

そんな思いも薄れてきた。

俺はもう十分親孝行してもらったつもり

コイツらがおるから明日また頑張ろうと思うし

どんなことでも歯ぁくいしばって耐えれるんすわ

身体弱かったり、勉強できんかったり

心配ごとばっかりやけどね

オヤジもこう思ってたんと違うかなと

思えるようになり初めて楽になった。

よく考えれば

釣りとゴルフが趣味で死んでから

会員権が出てきたり・・・・

ラッキーと思うも

そのゴルフ場は潰れてて紙屑・・・・・

いまは経営資本が変わってるみたいやけど

売れんかな(笑)

鮎もやってたし

磯もやってた

よく連れてくれたのは多奈川の波止・・・

磯は連れてくれんかったなぁ

1980年前後はまだ南紀は陸の孤島やって

車で行くにはちょっと根性いるところやったはず。

堺市入ると高速道路無かったからなぁ

阪南から海南くらいまでかな高速は、

だから天王寺駅から南紀に向け夜行列車が走ってた。

週末のみやったと思う、その名も「磯釣り号」マジで

天王寺まで自転車で荷物運びした記憶がありますわ

21:00過ぎの天王寺駅は釣り師ばっかで異様やったな(笑)

いつか一緒にと思ってたけどなぁ


そんなこんなで

ガキどもにオヤジは楽しんでたのかと

へんな気ぃつかわせたないんすわ

それだけっす

それだけ

ブサイクな人生さらしてしまったけど

ボケた時の為にね(笑)




おっさんは結構楽しんでるで(笑)

しかし今度、いつ行けるやろ

またあした


にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村











ステラSW6000超欲しい・・・・





























ただのノスタルジー [思い出]

ロッドメーカーのダイコーが

釣り業界から撤退って前の記事で最後に

ちょっと書いた。



ダイコーのロッドには

チョットした苦い思い出っていうか

いまでは懐かしさしかないのですが、あるんです(笑)

とにかく初めて買ったルアーロッドが

ダイコーのスピードスティック・・・・

グラスのバスロッドですわ

心斎橋フィッシングサロン

中二の時に6,000円チョイで買った。

33年くらい前かな、

当時は、スピードスティックが大流行りでした。

バスがまだ近所で釣れるところが無く

ターゲットは市内の池でもいる雷魚だったんですが・・・・・・

リールはマグサーボかバンタム

金持ちはアブの5500Cでしたわ

超憧れた(笑)

ラインは黄色の方のストレーン30ポンド

当時の号数に変換すれば12号でした。

ルアーはもっぱら

ハリソンかガルシアフロッグ

しばらくしヒックリジョーが登場し

スナッグプルーフ?がでたのを覚えてる。

市内の池でもこんなのがけっこう釣れた。
RIMG0155.JPG

御多分にもれずルアー釣りにハマったのですが

私は背こそ、そこそこでしたが

ガリンガリンだったので

スピードスティックを片手で振れなかったのですわ

一緒に行く、不良どもはどういう訳かみんなガタイがよく

片手でスピードスティックをびゅんびゅん振るのですわ

私はシングルハンドルを両手で持たないとキャストできなかった。

よくバカにされました(笑)

タックルをカツアゲされることも当時はよくあった、

私は逃げまくったけど(笑)

で振れないので

翌年中三になった時に少し軽いと感じた

UFMウエダのスーパーパルサーを

買ったんですわ
UFM.JPG

もう持ってても仕方ないのでこの前捨てたけど

スピードスティックはいつの間にか亡くなってた。

と言うこともあり

ダイコー=パワー

使い手を選ぶロッドのイメージがずっと付きまとったんです。

欲しいなと思っても

俺には無理と言うトラウマ的なものがずっとあった。

実際、硬派路線を行ってたような気がするし

パーガトリーなんか釣具屋でもひときわ強いオーラを出してるし

振りきれる体格とパワーの持ち主か

コレクターが買うロッドと思ってた。

だからかどうかは解らないですが、どうなんやろ?

ダイコーと対局にあるメーカー、メジャークラフト

メジャークラフトはダイコー出身者数名で立ち上げたメーカー・・・・・

ダイコー時代にちがうと思ったのかなぁ

玄人受けで商売下手のダイコー

万人受けで商売上手のメジャクラ

まぁメジャクラのキャッシュフローなんか知らないので

実際は違うのかも入れないけど

個人的に持ってるイメージはこんな感じですわ

釣り業界も食ってけない業界になりつつあるのかなぁ

ガマカツも軒並み15%UPなんて言うてるし

釣り人口って減ってるの?

魚は確実に減ってるけど

さみしい話ばっかですな・・・・・・・


ラインナップみてたらちょうどいいのを見つけた

ヴァージャーの634か635

年末に余力が残ってたら買おう

またあした

にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 近畿釣行記へ
にほんブログ村




















F1かぁ~ [思い出]

30年ほど前、大の車好きだった少年。

記憶が微妙だが当時はレースが好きで

特にスタリオン スカイラインRS BMW M3  ボルボ  ベンツ190E 

排気量の違うトレノ レビン 86ね にワンダーが混走する 

インターテック グループAなんかが好きだった。

いつもボルボが勝ってたような記憶が・・・・・

そんな10代の私が一目惚れしたのは

30 M3・・・・

あのブリふぇんにシビレてた。

そしてしばらくしJTCとなったんかな?

M3を運転するローランド・ラッツェンバーガーなるドライバー

に注目するようになる

マカオのギヤレースにもM3で参戦してたような記憶が

とにかくM3が好きだった。

そしてWRCのランチャ デルタ インテグラーレに恋をし

(コレもブリふぇんですな)

いつの間にかグラベル ターマックを自由に車を振り回して走る

WRCの方へ興味は移っていく・・・

前後するかもしれないけど中島がF1に乗るようになり

F1をみるようになった。

そしてセナ ジョニーハーバート デイモンヒル ベルガー あまり思い出せないな(笑)

名だたる中にローランドラッツェンバーガーの名前があったのにはびっくりした。

であの日がくる。

セナが散ったその前日・・・・

予選でその男ローランドラッツェンバーガーは同じイモラで散った。

妙な気分だった。

なぜ?

記憶がおぼろげで定かでないが

セナが事故ったと伝えるニュースの中で

「先日も・・・」的な感じで知ったからか?

私にとってはセナ以上にショックだったのを覚えている

それからF1から遠ざかった・・・・


興味も無くなり数十年たったいま

2015年からホンダエンジン参戦かぁ~

これを引き金にいろいろ思い出した。

ホンダには日本の技術力を知らしめてほしい

なにせホンダは(ドイツやったけ)ADACでお古のV10を

NSXに載せて走らせてたからな

しかも縦置きに!

そういう意味でも当時のヨーロッパのツーリングレースはおもろかった。



だれでもそんな思い出はあるんじゃ

たんなるノスタルジーですけどね

まぁいずれ子どもたちに手がかからなくなれば2台目に

46のM3 ふぇにっくすいえろーかラグナセカブルーの6速が欲しい

SMGちゃいまっせ。

注)記憶のみで書いたのでちがっていたらごめんです

またあした


にほんブログ村 釣りブログ ゴムボート釣りへ
にほんブログ村

























思い出 ブログトップ